プリント基板の技術は今後どうなっていくのか

プリント基板とは絶縁板の上に銅箔で回路パターンが形成されており、集積回路(IC)や抵抗器、コンデンサなどの電子部品の固定と、その間の配線をするために使用される電子部品のひとつです。家庭用電化製品やスマートフォン、パソコンなどはもちろん、自動車や産業用機械に至るまで幅広い分野で利用されており、電子機器には必ずと言っていいほど使用されている重要な部品となっています。

現在、プリント基板は人間社会に必要不可欠なものとなっており、世界的に見るとその市場は毎年成長を遂げていますが、その重要性は将来的に益々高まっていくことが予想されています。その背景にあるのが、IoTやAIなどに代表される第四次産業革命と呼ばれる技術革新です。近年、この技術革新は世界的に急速に進行していますが、プリント基板はIoTやAIなどの技術にも欠かせないものであり、これらの技術を発展させるには、プリント基板の性能も向上させる必要があります。

現在でもプリント基板を多層化することで非常に多くの電子部品を実装し、複雑な回路パターンを形成できるようになっていますが、今後はより一層コンパクトなサイズの基板に対して数多くの電子部品を搭載することで、より複雑なパターンを形成する必要性が高まっていくでしょう。

また、昔はプリント基板と言えば、硬い絶縁体に電子部品が実装されているリジッド基板が主流でしたが、近年はフレキシブル基板の技術発展が目覚ましく、その需要は高まりを見せています。フレキシブル基板は、柔軟性のある薄いプラスチックフィルムの上に銅箔で回路パターンが形成されたもので、折り曲げて使用可能という特徴があり、電子機器の小型化や薄型化、軽量化の実現に貢献しているプリント基板です。

スマートフォンやタブレット近年は、スマートフォンやタブレットなどに代表されるように、電子機器の小型化や薄型化、軽量化が求められる製品が多くなっており、フレキシブル基板が頻繁に使用されるようになっています。また、将来的にはIoTなどの普及に伴って、ウェアラブル機器への需要も高まっていくことが予想されています。ウェアラブル機器は、その特性上柔軟性が求められる機器であるため、折り曲げることができる基板にもフレキシブル性が求められるのです。

このように、プリント基板は電子機器の性能を左右する重要な部品であるため、現在でも幅広い分野で活躍していますが、将来的にその需要はより一層高まっていくことが予想されます。それに伴って、新たな技術が開発されることで、人間の暮らしをより豊かなものにしてくれることでしょう。